なぜ、年収260万円のシングルマザーが「新築一戸建て」をたてられたのか?

「今の家賃で家が建つ!」

驚くべき「タツケンホーム」の秘密

私は田中知美31歳、可児市内で働く会社員であり、バツイチで2児の母、いわゆるシングルマザーでもあります。私自身の個人的な話をさせて下さい。去年の3月にある日の事、私は泣き崩れそうになってしまいました。



  もう無理、限界。

  気が狂いそう

本当は家族で笑い合って暮らしたい

私は以前から、隣近所には迷惑をかけないように、子供たちには厳しく注意してきました。私が何度も怒るうちに、最近上の子がロクに目も合わせてくれず、家に帰つてきてもゲームとにらめっこ。今では会話も減ってしまいました。私だってもっとじっくり子供たちと向き合いたいし、ゆつくり会話がしたい。優しく愛される母でありたいし、3人で笑い合って暮らしたい。ずっとそう思ってきました。それでもこの子たちを守れるのは私しかいない。なんとかまっすぐに、そして不自由にさせないように育てたい。そう思って、毎日必死に頑張ってきました。

お隣に気をつかう毎日…

安らげるはずの家なのに…

なのに、またお隣から注意されてしまいました。もちろん私にも問題は有ると思います。でも、安らぐはずの家でお隣に気をつかってビクビクしながら暮らすのは、もううんざりです。最近は子供たちが「僕も部屋が欲しい」と言ってきます。もうこのアパートにいるのも限界かもしれません。

  新 居 を 探 し て 

引越したいけど、そんな余裕はありません

ここから出て違うところに移ろうと、引っ越しも考えました。でも、敷金や礼金、引っ越し代とまとまった金額が必要ですし、それをポンと払える余裕は今の私にはありません。不安でした来年のアパートの更新費用もどうしようかなやんでいるほどです。


市営住宅も考えました。でも収入によって家賃も変わるし、申し込んでもなかなか当たらないと聞きます。そもそも隣人や上下階への気遣いでは今と何も変わりません。それに私のせいで学区が変わってしまい息子を転校させるのも忍びなく、断念しました。私もずっと地元から離れたことがないので、見知らぬ土地で暮らすことも不安でした。

家賃がもつたいないし、

いっそ憧れのマイホームに

このまま家賃を払い続けるくらいなら、いっそ家を買おうとも思いました。マンションでは今と同じ悩みが付きまとうし、実家が一戸建てだったので、私は昔からマイホームに憧れていました。でも、頭金も用意できないし働き手が私しかいない以上、ローンも厳しい。しょせん無理な夢物語だとは分かっていました。でも「最近は頭金が無くても買えるらしいよ」と友達が言っていたので、私は少し希望を持ちました。もしかしたら何かが変わるかもしれない!と思いきって「何でもご相談ください」と言っている有名な住宅メーカーの見学会に、子供と一諸に行ってみました。新しい家に子供たちは大喜び。「お母さん、こういうお家に住みたいね」とはしゃいでいました。まさに夢が膨らむ楽しいひと時。


天国から地獄へ
見学会で相談しても不動産屋にも冷たくあしらわれ・・・


ところが、私がシングルマザーで年収260万円だということを営業マンが知ると、「あなたには無理です」「ちょっと考えれば分かるでしょう」「冷やかしはやめて下さい」と冷たい目と口調で追い返されてしまいました。薄々分かっていたこととはいえ、今回はなにか違うような気がしていたのです。でもダメでした。子供にもみじめな思いをさせてしまいました。帰りの車の中で「僕、今のお家でいいよ」と小さな声で息子に言われ、息子の優しさや自分の情けなさ、営業マンへの憤りや悔しさなど、色々な感情が溢れて涙が止まりませんでした。もしかして中古住宅なら何とかなるかもれないと思い、不動産屋に電話してみましたが、やっぱり同じように冷たく「世帯年収が500万円はないと無理ですね」と言われました。他に何をしたらいいのかもう分かりません。完全にギブアップです。

でも誤解しないでください。私はこれを悲しい物語にしたくて話しているのではありません。かわいそうだと思ってもらいたくて話しているのでもありません。そんな必要は全くないのです。なぜなら私の話はハッピーエンドで終わるからです。

私の話がハッピーエンドで終わるのはまさにその翌日。私の人生を変えるようなは発見をしたからです。ついに、あきらめていた夢のマイホームを建てられる方法を見つけたのです!

私の人生を変えたタツケンホームのチラシ

この方法は大手の住宅メーカーから教わったわけでも、本に書いてあったものでも、住宅情報誌に載っていたものでも、インターネットで調べたわけでもありません。



正直に言うと、私がこの方法を知ったのは、郵便受けに入っていた一枚のタツケンホームという会社のチラシを偶然に見つけたことがきっかけだったのです。


しかし、そんなことは関係ありません。大事なのは、とうとう私は、夢のマイホームを手に入れることができるということです。ではなぜ、私が夢のマイホームを手に入れることができたのか、その秘密をお話ししましょう!


家賃が払えれば家が建てられる
車やカードのローンはあるけど、家賃はちゃんと払えてる!

私が持ち家をあきらめていた最大の理由は、住宅ローンが組めないことでした。去年買った車のローンやカードローンもまだ残っていて、計算をしてもらったら今のままでは最大750万円しか借りられないと言われました。しかも頭金もありません。そんな状態では大手の住宅メーカーさんでは門前払いです。そもそも土地が買えるかどうかすら怪しい状態です。


でも、毎月家賃をちゃんと払えているなら、ローンだって払えると思いませんか?これは私が無知で都合のいいことを言っているだけなのでしょうか?
そんなことはありませんでした。

私たちのような家族を救ってきた

タツケンホーム

タツケンホームさんは私に「大丈夫です!今の家賃で家が建ちますよ」と言ってくれました。価格はなんと大手の住宅メーカーよりも3~5割も安いのです。そして、あんなに、無理だと言われていた住宅ローンも通りました。信じられないかもしれませんが本当です。大手住宅メーカーは、手間がかかり利益があまり出ない私のような顧客は嫌がり敬遠します。しかし、タツケンホームさんは、5年間でのべ41棟も私のような人たちに家を建てていますし、その数字は今も増え続けています。




安い家=粗悪な家だと思っていました。
でも実際は・・・



私は最初、「今の家賃で家が建つ」と聞いたとき、「安いということは、材料をケチッたり手抜きしたりして価格を抑えたり、怪しい業者でお金を借りさせるとか、あとで痛い目に合うのではないか?」と不安に思っていました。しかし実際は・・・



大手のハウスメーカーと違って、ハウジングセンターなどに住宅展示場を持たないこと、TV、CMなどの広告を出さないなどの工夫で経費を削減しているそうです。実際、可児市のハウジングセンターに出展すると1ヶ月で200万円がかかると言っていました。



安い建物の強度も心配ですが、タツケンホームさんの家はそんな心配は不要でした。なぜなら、阪神淡路大震災に厳しくなった建築基準法の耐震基準に従い建てられているからです。元大工の加藤社長が「万が一の時に家族を守るのも家の役目ですから」と話されていましたが、実際に家が完成してから国が指定する第三者機関の耐震検査を受けて合格しない限り引き渡しはしないという徹底ぶりです。以前、耐震偽装をする会社のことがニュースで騒がれたこともありましたが、国が指定する第三者機関に依頼して調べるくらい徹底して安全にこだわってくれているし、希望の人にはさらなる高耐震仕様も対応してくれるので、安心して住むことができます。



子供の育ち方が変わる
24坪2階建ての3LDK



以前のアパートに住んでいるときには、家族の会話はあまりありませんでした。

子供たちは帰宅後まっすぐに部屋に閉じこもりますし、家族が、同じ場所にいるのは食事の時だけです。正直子供たちとの溝を感じたこともありました。上の子はやんちゃが過ぎて何度も学校から呼び出しをされたこともありました。私は子育てを失敗したのかもしれないと、ずっと悩んで自分を自分を責めていました。



ところが、タツケンホームの加藤社長が「家の造りで子供の育ち方は変わる」というのです。非行を防ぎ成績を上げる。子供が閉じこもらない子供部屋の秘密や、家族のコミニュケーションを増やす居心地のいいリビングの作り方など、目からウロコ、今まで知らなかったことを色々教えてもらいました。



実際、新しい家では息子は学校から帰ってきても子供部屋にもこもらずリビングで宿題をしています。そして自然とリビングに家族が集まるようになったことで、家族のだんらんもお互いの笑顔も驚くほど増えました。最近は寝るまでみんなリビングで過ごしていますす。



お風呂掃除、トイレ掃除、食器洗いなど家事にかかっていた時間が半分以下に!



あなたもそうだと思いますが、働く女性にとって家事って大変ですよね。以前のアパートでは、食器を洗うだけでも一苦労だったのですが、タツケンホームさんの建ててくれた家では、



”ボタン一つで食器が洗える食器洗い洗浄機”や”ブラシを使わなくても泡水だけでトイレ掃除ができてしまうアラウーノ”それに、”お湯シャワーを全体にかけるだけでお風呂掃除ができてしまうコーキング処理”など、



最新の住宅設備の便利さに驚いています。こうした設備のおかげで子供と過ごす時間が増えました。




2月でも”はだし”薄着”で暮らせて電気代が半額になる断熱仕様



冬に寒さを感じず過ごす最大のポイントって何だと思いますか?


一日中、暖房をつけておくこと?
なるべく厚着で過ごすこと?それともコタツに潜ること?


私も今まではこう思っていたのですが、
実は、どれも違っていました。



答えは、”断熱効果のある家に住むこと”でした。

断熱効果とは、エアコンの熱やクーラーの冷気が外に逃げないようにする建築技術のことで、
最初の新築には標準装備されていることが多いのですが、この断熱効果のおかげで、


低い設定温度のエアコン温度のエアコンを付けるだけでも十分に暖かく、冷え性の私でも裸足で過ごせています。



以前住んでいたアパートの時は、エアコンとファンヒーターをつけているのに、靴下を履いていましたがこのお家に住んでいるから、裸足のほうが気持ちいいので裸足で過ごしています。


方付けが苦手な私でしたが魔法の収納棚で方 付けもラクラク♪



天井まである造り付けの大型食器棚が標準装備です。収納が多く片付けやすいこと。これだけで収納があるから、片付けが苦手な私でも扉を閉めなければスッキリ収納できてしまいます。今まで困っていた電子レンジなどの家電置き場や、パソコン置き場、スマートフォンの充電まで、とことん収納にこだわっています。



さらに、玄関クローゼットがあるので居室が片付きます。家に入ったら玄関にクローゼット収納室があって、そこにコートを収納できるので、椅子の上にコートを脱ぎっぱなしに
することが無くなります。



また、靴は50足、傘、スポーツ用品など従来の家の平均の約2倍以上収納できるので、

片付けが苦手な私でも玄関はいつもいれいです。


外壁や壁紙の色も選べます!



大手メーカの3~5割も安く家が建てられることは、こちらの希望があっても、色々制約があって我慢しなければいけないことが多いのではないかと思っていました。でも、そんなことはありませんでした。好きな色の壁紙やフローリングを選べたり、2階にトイレを造ってもらったり、子供部屋にはロフトも造ってもらえました。タツケンホームさんの提案で、私の夢だったウォークインクローゼットも造ってもらえました。お風呂は足を伸ばせるし、床下収納もあります。正直、こんなに私たちの希望を聞いてくれたり、ライフスタイルに合わせた提案をしてもらえるとは思っていませんでした。期待以上、もう至れり尽くせりです。


年収260万円で他のローンがある

シングルマザーでも大丈夫!


ここまで読んでお分かりのように、私はとても良いものを見つけました。このタツケンホームさんの一戸建ては今まで私が聞いた中で一番だと思います。まさに今の家賃で家が持てるのです。しかも今までのアパートよりも間取りも広く、さらに一部屋多くて新築です!月々の支払いに苦しんだり、お隣に気を使う必要もありません。更に、家族が自然とリビングに集まる家です。家族の笑顔やだんらんも増えます。溝を感じていた時期があったことなんて忘れるくらいです。要は、このタツケンホームさんなら、年収260万円でも、ローンが他にあっても、私のようなシングルマザーであっても、夢の「新築一戸建て」「今の家賃と同じ金額で」無理なく持てるということです。


女性住宅専門店だからできる

タツケンホーム4つの違い



どうしてタツケンホ-ムだけがこんなことができるのか、それには理由が4つあります。これら4つの理由が、他の住宅メーカーとの違いを生み出しているのです。これがその理由です。


規格住宅だから月々2万6554円で

24坪2階建ての新築が建てられます


あなたはなぜ家が、2,500万円や3,000万円もするのか知っていますか?実は注文住宅と呼ばれている家はすべてイチから作らなければいけないのです。建築士の方が施主の希望に合った家を設計して、その設計図をみながら大工さんが毎回違う家を造るのです。なので、理想通りの家ができるでしょう。


しかし、毎回が新しい取り組みですから、いくらプロの大工さんでも当然時間もかかりますし、その分職人さんの人件費もかさみます。さらに、建築材料にロスが出たりと、コストも余計にかかり、その分価格が高くなってしまうのです。



また、建て売り住宅というものがありますが、これはすでに出来上がっている家ですから、当然自分たちの希望などは一切盛り込むことはできません。



家の種類はなんと98!
想いにあった家がきっと見つかる!


その点タツケンホームさんの家は元大工の加藤社長が設計した98パターンの家から、自分の希望にあった家を選べます。例えば、家族の人数に合わせた家や、子供の教育を考えた家、とにかく価格を抑えた家、趣味を楽しめる家など、大工さんも決まった工程に従ってるだけなので、時間も短縮されますし、ミスすることもありません。あらかじめ設計が決まっていることで工期や材料にも無駄がありません。だから、その分安くできるのです。



外壁や壁紙、浴室タイルや玄関ドアまで、わがままが形に



しかも、外壁や壁紙もいくつかのパターンから選べるようになっていて、キッチンは国内の有名メーカーである、”LIXIL”のものが使われています。どれにしょうか悩みましたが、私のイメージを伝えると数パターンの候補に絞ってくれたので、楽しくイメージ通りに選ぶことができました。



更に、家の柱や梁の位置などを変えない限り、部屋のレイアウトもある程度自由にできます。実際に私の場合は、2階の廊下のつき当りにあったクローゼットの部分をトイレにしましたし、寝室にはウォークインクローゼット、天井の高い子供部屋にはロフトを、キッチンには床下収納も造ってもらいました。


つまり、例えるならば、今までの住宅はF1マシンみたいなものです。毎回新たな究極のマシンを開発するのは膨大なコストと時間がかかりますし、あらゆる専門家が必要です。つまり、そもそも本来あなたに必要なコストまで請求されていたのです。その点タツケンホームの家は求めやすい市販車といえます。しかも、選べる本体カラーや内装オプション付です。あなたが車を買うときにF1マシンを買わないように、本来家も自分の希望に合った市販車で十分なのです。


年収が低くてもローン審査の通過率91.2%



以前、ハウスメーカーさんで話を聞いたときは、”年収が低いと住宅ローンは組めない”と言われていたので、そもそも年収260万円の私には無理だろうなと思っていました。しかし、タツケンホームの加藤社長は住宅業界40年の住宅ローンのプロ。


日本には住宅ローンを取り扱う会社が420社、ローンの種類はなんと4000種類以上もあるらしいのですが、その中から私にとって最高な住宅ローンはどれか?どうしたらローンが通るのか?イチから教えてくれました。


私のように年収が低い場合は、”家のグレード”と”土地の価値”で銀行さんは判断するそうで、安く価値のない家だと判断した場合は、万が一支払いが出来なくなったときに貸したお金が回収できませんが、家と土地の価値がああれば、万が一のときでも回収できると判断してローンを通過しやすくなるらしいのです。


だからタツケンホームさんでは、”家事が楽になる設備”や”2月でも裸足で過ごせる断熱効果”や”片付けが苦手でも片付け上手になれる収納棚”などに力を入れて、”安くてもいい家”にしているのだそうです。


実際、可児市内にある、安い家を売っている他の工務店さんからも話を聞きましたが、タツケンさんと同じ仕様で同じ価格の工務店さんは一社もありませんでした。



もちろん、無理してお金をかりるのではなく、”今の家賃と同じ支払いの範囲”でお金を借りることをオススメしてくれたので、家を買ったからといって別の何かをガマンしたり、生活を切り詰める必要もありませんでした。


この話を聞いた私は、「安い家=粗悪な家」だという思い込みは一切なくなりました。




建てた後も安心24時間365日のサポート付き



タツケンさんの家は第三者機構の保証会社で、電球1個でも24時間、365日で対応してくれる、24時間365日あんしんサポート付き住宅です。


普通、営業時間外は緊急性があった場合でもなかなか来てくれないのですが、万が一の時はもちろん電球一個からでも保証会社が駆けつけてくれます。


また、医療の無料相談ダイヤル付で、自宅から一番近くの医療機関はどこか?どの問題をどこに行けば解決できるのか?そういったことをアドバイスしてくれるので、子供が病気になったときでも安心して対応できます。


こうした保証も、可児市内で家を安く作ってくれる工務店さんと比較しましたが、実施しているのはタツケンさんだけでした。


他社はマネできない

可児市で唯一の”低価格保証”


隠さずにハッキリ言います。収入の少ない私からすれば家は一生に一度の買い物なので、「798万円~新築に住めますよ」とか、「780万円~新築に住めますよ」と言っている可児市にある他の工務店さんからも見積もりをもらいましたが、見積もりを見てみると、780万円と言うのは「20坪の一番小さな収納や家事動線などが省かれた最低限の仕様」で、家族3人が住めるようにする場合実際の総額は1400万円でした。


工務店さんからすれば売り上げを伸ばすための取組なのかもしれませんが、収入の少ない私からすれば、”出来る限り安くしたい”でも”便利な機能が付いた家”にしたい。そう思うのが本音です。


タツケンさんはこのような考えを持つお客さんを専門にされているので、「同じ坪数、同じ装備、同じ保証内容、で自社より安い工務店があった場合は見積もり持参でその見積もりより5万円安くする」という保証をつけている徹底ぶり。用心深い私も安心して決めることができました。

これは、タツケンホームの加藤社長が言っていたことですが、「お客様にとって魅力的な他社がマネしたくてもマネできない自社の得意分野」を反映させたのがこの「女性専門住宅」なのだそうです。


幸せな夢のマイホーム生活

マイホームを持つことは幸せを手に入れることでもあります




このタツケンホームさんの「今の家賃で建てられる夢のマイホーム」は、私にとって神様からのプレゼントです。私の生活はがらりと変わりました。もう声を潜めて生活することも隣人トラブルもありませんし、家族の団らんや笑顔も増えました。


家も広くなり部屋数も増えたので、息子も私も、以前は家が狭くて呼びたくてもよべなかった友達を家に呼べるようになり、にぎやかな家になりました。今では息子が「僕たちのために頑張って家を建ててくれてありがとう。お母さんが大変な時は、今度は僕たちが守ってあげるね」なんて、大人びたことまで言ってくれました。


私もストレスがなくなったからか、20代のころのように元気ですし、最近こんなにも調子が良くて生活に張りがあったことはありません。友達は「10歳若返った」と言ってくれます。いつも心も落ち着いていて、こんな経験、今までありませんでした。おかげで、子供たちの新しいお父さんもできそうです。


この夢のようなマイホーム、あなたにも建てられる?ええ、もちろんです。私はごく普通の年収が260万円のシングルマザーで、住宅建築の専門家ではありません。ですから、ぜひ心をオープンにして、それを証明する機会を私に下さい。


「無料勉強会」で、すべてが解決!

話を聞くだけでも、子供連れでも参加できます


私は、この夢のマイホームを手にするために、タツケンホームの無料勉強会を受けました。何もわからなくても大丈夫です。「家を建てる」と言う事がどういうものなのか、本当にイチから親切に丁寧に教えてくれます。今後の参考にするために、話を聞くだけで帰っても大丈夫です。


後からしっこく営業されることもありません。この無料勉強会、あなたの悩みや状況に合わせて、ステップ・バイ・ステップであなたが理解できるスピードで進めてくれます。何を聞いても、たとえ同じ質問を何回しても大丈夫です。相談は一人じゃなくて家族連れでも構いませんし、小さなお子さんのために絵本やオモチャ、アニメのDVDや塗り絵まで用意してくれています。


タツケンホームのスタッフさんは主婦の方もいらっしゃるので、相談中に子供の面倒も見てくれたり、一諸に遊んでくれたりもします。なので、私のように一人でクヨクヨ悩む前に、まずは気軽に相談してみてください。きっと、あなたも私と同じように「今の家賃で夢のマイホーム」を手にできるはずです。



これが、私が夢のマイホームを建てられた方法です。




まずはお問い合わせだけでも大丈夫


タツケンホームの無料体験セミナーは


0120-106-166へ


9時~18時の間に電話をして、



「無料体験セミナーを申し込みたい」と言って、お名前と連絡先、希望の日時を伝えるだけ。簡単に申し込みできます。(土曜日も営業。水曜日、日曜日は定休日です」もし時間が合わないときや、いきなり電話するのが不安な時は、下記ボタンから申し込みができます。必ず翌営業日に担当者が折り返し電話やメールなど、あなたが希望する形で返信してくれます。


直接行って

相談してみたい

無料体験セミナーへの

お申込み

いきなりセミナーに行くのは抵抗がある。とりあえず問い合わせたい、まずは簡単な質問に答えてほしい、という方でも大丈夫です。タツケンホームさんはどんなことでも丁寧に答えてくれます。お気軽に0120-106-166まで連絡をしてみてください。



今日と同じ明日でいいですか? それとも・・・



あなたの前には2つの道があります。


1、ひとつは、今までどおり同じ日常、同じ不安を抱えながら日々暮らしていく。
2、もうひとつは、無料体験セミナーで今までとは違うやり方、考え方を知り、本当に自分にマイホームが持てるのか確認してみる。そして、夢のマイホームを手にして今までとは違う生活や充実感を得る。


どちらを選ぶのもあなた次第です。もしあなたが変化を求めないのなら、今日と同じ明日を過ごすことになるでしょう。ただただ同じ日々が過ぎていくだけです。何の変化も起きません。そして以前の私と同じように何か悩みを抱えているのなら、時間が経てば経つほど歳を取れば取るほど、今よりももっと解決は厳しくなってしまうでしょう。もしかしたら、思いもよらない最悪の結果が待ち受けているかもしれません・・・


もちろん、無料体験セミナーをうけたからと言って、絶対にスグに家を建てられるなんてことはお約束できません。しかし、今までとは違うやり方、考え方は身につくはずです。
そして、あなたが行動すれば、どんなに長くても5年後には夢のマイホームが手に出来る事をお約束します。


ぜひあなたも、「今の家賃で買える夢のマイホーム」を手に入れて、新たな明るい日々をエンジョイしてください。


PS、タツケンホームはアットホームで小さな会社です。私のように何時間も話し込む人もいますし、営業の方が何十人もいるわけではありません。つまり、一日に対応できる無料体験セミナーの人数には限りがあり、1日4組が限界です。それに条件のいい土地は無限にあるわけではありません。いざ建てようと思った時に土地が無くて建てられないなんてことも起こりかねません。相談は無料なので申し込んで損はありません。あなたにも希望の日時や都合もあると思います。なので、なるべく早く、無料体験セミナーを申し込まれることをおススメします。




まずはお問い合わせだけでも大丈夫


タツケンホームの無料体験セミナーは


0120-106-166へ


9時~18時の間に電話をして、


「無料体験セミナーを申し込みたい」と言って、お名前と連絡先、希望の日時を伝えるだけ。簡単に申し込みできます。(土曜日も営業。水曜日、日曜日定休日です。)もし時間が合わないときや、いきなり電話するのが不安なときは、下記ボタンから申し込みができます。必ず翌営業日に担当者が折り返し、電話やメールなど、あなたが希望する形で返信してくれます。


直接行って
相談してみたい




無料体験セミナーへの

お申し込み

いきなりセミナーに行くのは抵抗がある、とりあえず問い合わせたい、まずは簡単な質問に答えてほしい、という方でも大丈夫です。タツケンホームさんはどんなことでも丁寧に答えてくれます。
お気軽に0120-106-166まで連絡してみてください。